TOP ブログの基本 アフィリエイト アクセスアップ カスタマイズ ブログ・HTML ブログ・CSS




ハイサイ(ようこそ)利爺のブログへ


●ブログの基本、アフィリエイト、HTML・CSSまで
初めての方にも分かり易いように下記のシリーズで纏めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・ 各章の項目(目次) ・・・・・・・・・・・・・・・
= 現在、シリーズ記事を書いているブロックです。

エントリー順に確認できるように【目次】を作ってありますので
上段のコンテンツバー(menu)または上記の項目から各ブロックに入れます。


●本文中に表示しているアイコンは
= 参照記事  = 頁中の章  = 注釈  = 記事ブロック
を表します。

2009年12月19日

引用:<blockquote><q>

■ 5-8 文章に引用を設定する


ほかの人の文章を自分の書いている記事に引用して、参考にしつつ自論を展開し記事を纏めていく方法は
ときとして重要な場合がありますね。

引用して文章を書き上げる手法は、学会誌などを中心とした、お硬い世界だけの
専売特許に見られがちですが、

気軽に発信できるブログでも、
「引用の方法を誤らなければ」
使ってもいい手法であり、悪いことではないのです。

「引用」タグについて確認します。

Seesaaブログでの引用タグの使用は、
左から5番目のアイコンのクリックです。
ki-ic01.jpg
             ueya.gif

Seesaaブログが引用タグをとして使用している
このアイコンの形は
日本語入力ソフトのワードでは「インデント」用のアイコンとして使用されていますので、ワープロを頻繁に利用している方には間違えやすいですね。

   インデント ⇒ 後述のインデント記事にジャンプ

引用タグの使い方を確認してみましょう。

下記の例は文章を引用したときの表示例です。

【引用の表示例】
三国志は歴史を背景とした「歴史小説」ではあるが、今でも圧倒的な人気をほこり、最近では「レッドクリフ」の大作映画も公開された根強い人気の歴史ドラマである。

漢(後漢)帝国の末裔「劉備玄徳」と、血を分けた兄弟にも類する「諸葛亮孔明」「関羽雲長」「張飛翼徳」らを中心としたストーリーの展開には、この利爺の年代でも心沸き立つものがある。

引用のタグは<blockquote>ですね。

ほかの人が書いた文章を、そのまま自分のブログ記事で使うときに
「引用です」と表示する意味合いで使います。

<blockquote>タグは長めの文章を引用する時に使用します。

「block」はブロック・塊。
「quote」は引用する。
  ↓
「blockquote」= 長い文章を引用するの意味になりますね。

短い文章を引用する時には、quoteの省略形<q>タグで行います。

<blockquote>はブロック要素、
<q> はインライン要素として用います。


例のように
タグ<blockquote>で囲まれた記事は
IEやFirefoxのプラウザではブログ本文より、引用した文章の行全体の開始位置を下げて、さらに文章を枠で囲んで表示しています。

引用した範囲を示す記号には

「 ' 」(引用符:シングルクォーテーション)や
「 ”」( 二重引用符:ダブルクォーテーション )

を用いて表示するプラウザも有るようです。

この表示形式は符号(引用符・二重引用)の名前のとおりで
書籍や論文などで、ほかの文章を引用したときによく使われています。

ほかには
『』  「」  ()  <>が一般的によく使用されています。

親しんでいる新聞では
会話や語句の引用に  「」  『』  ” ” を用い、
” ”はどうしても必要な場合に使い、乱用はしないことになっています。

引用した他の記事(文章)をもとに、自分のブログを構成していくことが一般的な使用ですが、引用ためには気を付けるべき注意事項があります。

例文で引用している記事は
利爺の管理しているブログ記事の一部です。

利爺の文章ですから引用しても特に問題は発生しませんが、

引用の多くは、ほかの人の文章を利用するのですから
確認しなければいけない事柄が多々あります。

引用に関する注意事項や著作権に関する点が

  参照 ⇒ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 「引用」

に纏められていますので、参考にしてください。

軽々しく引用して、
相手とトラブルを起こさないように気を付けましょう。

相手に対する気遣いがもっとも大切で、もっとも重要です。

………

インデントとは

文章を書くとき、一般的には一文字分を下げて書き始めますね。 
 ※小説などで見かける二字や三字を下げる編集方法もあります。

ある程度の文章を書いたら「改行:(Enter)」で文章を一つの段落として締めますが、次の段落の書き始めも、また一字下げで書き出します。

文章はその繰り返しです。

ワープロソフトでも、一字下げで入力する形式を、
初期で設定しておくと、文頭の字下げは自動的に行なわれますね。

この文頭の字下げをインデントと言います。

HTMLの初期のころ、インデントの代替タグとして
上記の引用のためのタグ<blockquote>が使用されていたと言われています
(HTML4.0以前?)

Seesaaブログでの引用のためのアイコンが
ワードなどでインデント用として使用しているアイコンと同じものになっているのは、代替で使用した名残ではないかと、個人的には思っています。

現在ではインデントの設定のためには
CSS(スタイルシート)に書き込むことを推奨しています。

その記入方法はCSSの説明のときに確認します。

しかし、文字入力のときにインデントをいちいち設定しなくても

頭一文字に空白(スペース)を打ち込むか、
テンキー近くの矢印キー(→)でカーソルの位置を進める方が簡単ですね。

この方法が簡単で
慣れていれば、設定に悩むよりそれらの方法で入力した方がいいでしょう。

規則に縛られて
HTMLは難しい、あるいは文書入力には難しい定義があると考えるより
自分なりの方法を考え、ある程度理解したときに摺り合わせをし
その段階で比較して理解したほうが、まだまだ先に進めます。



▲HTMLの関連記事
   holder01.gif ブログで使うHTML-目次ー
    http://tosiji-dreamafi.seesaa.net/article/133635358.html
    【別窓での表示です】

★ご協力お願いいたします★   
      kame.jpg
    banner_01.gif
……人気ブログランキング……

この記事へのコメント
今晩は。文三です!
先程はブログへのご訪問&応援ありがとうございます★

引用タグの使用方法。
まだ一度も使ったことがないので
全てがとても勉強になる
貴重な記事だと思いました。

利 爺さんのブログは
私の秘密兵器になりそうです^^

いつも勉強になります。
ありがとうございます!

気合いをこめて本気の応援!
Posted by やるんです!幸福を呼ぶ☆本気のブログ・アフィリエイト by文三 at 2009年12月20日 00:12
ハイサイ、利爺さん。

引っ越し先のブログへ早速お越し下さいまして&応援を本当にありがとうございます。
リンクの指摘もありがとうございます!

新しい引っ越し先は、以前よりもブログのカスタマイズがやりやすくなっております☆
まさに、利爺さんの知恵を借りることが多くなる予感です!
これからもよろしくお願いします。

応援済み☆
Posted by 超初心者ありすの稼ぐアフィリエイト戦略 at 2009年12月20日 00:58
初めまして。

最近、在宅でお小遣いが稼げないかと携帯アフィリに出会ったサリーと申します。

今、こびっとというツールを使ってサイトを作っています。

が、利爺さまのこのブログを読んでやっぱり
いつかは
(ココがポイントです。すぐに、じゃないトコ。)
きっと、自分の力でサイトを作ろうと思いました。

お気に入りに入れさせて頂きました。

これからも勉強させて下さい。

応援ぽちも済みです☆
Posted by 携帯アフィリ初心者☆サリー at 2009年12月20日 03:05
利爺さん
はじめまして
ブログへのご訪問ありがとうございます。
倭人さんのブログより利爺さんのサイトを知り、お気に入りに入れさせてもらっています。時々訪問させてもらっています。
わからない事があった時大変勉強になります。

応援済み☆
Posted by hebaseijin at 2009年12月20日 09:42
利爺さん

コメントありがとうございます

いや〜インデント機能って初めて知りました(汗)

いつもながら、ためになる情報ありがとうございます

これからもお邪魔しま〜す

応援ポチ!
Posted by big at 2009年12月20日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。