TOP ブログの基本 アフィリエイト アクセスアップ カスタマイズ ブログ・HTML ブログ・CSS




ハイサイ(ようこそ)利爺のブログへ


●ブログの基本、アフィリエイト、HTML・CSSまで
初めての方にも分かり易いように下記のシリーズで纏めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・ 各章の項目(目次) ・・・・・・・・・・・・・・・
= 現在、シリーズ記事を書いているブロックです。

エントリー順に確認できるように【目次】を作ってありますので
上段のコンテンツバー(menu)または上記の項目から各ブロックに入れます。


●本文中に表示しているアイコンは
= 参照記事  = 頁中の章  = 注釈  = 記事ブロック
を表します。

2009年12月09日

下線を引く:<u><ins>

■ 5-6 文字・文章に下線を引く


ブログ記事の重要な語句や文章が的確に示され、記事中でも邪魔にならない程度に強調を使い
全体に気を遣って書き上げられた記事は、読んでいても気持ちのいいものです。

重要な箇所を強調することは、読者に対する気遣いでもあります。

ポイントを明確に示し、読みやすく分かり易いように書いている記事は
その内容も、書いている本人にも信頼がもてますね。

語句や文章に下線を引くタグについて確認しましょう。

seesaaブログの下線を引くアイコンは、
入力枠上部のアイコン一覧、左から3番目の「」ですね。
ki-ic01.jpg
        ueya.gif

前回の<strong>や<em>と同じように様に、下線を引くタグにも種類と各々の使い方が有ります。


文章・語句や文字に下線

 「例1」   ⇒   利爺です
 「例1」   ⇒   利爺です


例1・2もやはり見た目は同じ表示です。

使用しているタグは
「例1」 <ins>利爺です</ins>  ← アイコンでの入力。
「例2」 <u>利爺です</u>     ← 直接入力。
です。

●<ins>タグの使用例

<ins>は = insert(挿入) の略。

<ins>タグで囲まれたテキスト部分が、訂正のため後から挿入されたものであることを明示するためのタグで、IEやFirefoxでは下線付きの文字で表示されます。

<ins>は<del>(入力アイコン「 」)と一緒に使われることが多いタグです。


■使用の例
沖縄県の人口は概算で<del>120万人</del><ins>130万人</ins>です。
  ↓
■表示例
沖縄県の人口は概算で120万人 130万人です。



一般的には訂正する文章を 120万 横線で消し、その箇所を明確して、新たに修正文を書き込み、130万 のように下線で強調して表記する方法です。

論文や学会誌などでよく見られますね。

よく目にする広告チラシなどでも
時間限定の割引サービスなどで金額を修正してお客にアピールし、集客をする手法として結構使われていますね。

個人的には文章の表記上では、使用を控えたいタグです。

一旦書き上げた記事に、訂正のための横線を引き
修正後の文字を追加した形は、記事やその内容が乱雑に見えます。

論文ではないのですので、間違えた文章は書き換えた方がスッキリして
読者にも分かり易い文章になります。

その方がブログも記事も落ち着きます。

seesaaブログでは、下線を引くためのタグに<u>ではなく
<ins>タグを使用しアイコンに納めています。


<ins>が<u>より論理的強調をするタグであれば
検索エンジンの対策を取れるタグになりますが、そのへんは不確実です。

●<u>タグの使用例

<u>は = underline(下線)の略です。

語句や文章を強調するときによく使われます。

見た目のアンダーラインには、<u>と<ins>のほかに、
リンクの下線がありますね。

語句や文章の下線は<u>や<ins>タグの使用で表示しますが、リンクの下線は自動的に表示されます。
リンクの下線は、下線を表示しないようにCSSのプロパティを再定義しない限り消せません。

リンクの使い方や書き換えの方法は、ここでは詳しい説明は省略します。
予定しているCSSの調整で、詳細に確認していきます。


<u>タグは
文章にアンダーライン引く機能です。

読者にとって強調してある語句や文章には、
目が行くもので、的確に強調された文章には読みやすさや信頼感があります。

一頁の記事の中に下線を引いたり、太い文字を使ったり、文字を大きくしたりと乱雑に使うと、逆に読み難い感じをあたえます。

読者に対して「この文は重要です」という意味で使うのが
本来の使用方法であり、文章の飾り付けで使うのではないのです。


下線と同じような文の強調には

「利爺です」・・・・

のように横書きは語句の上に、縦書きでしたら語句の右側に点(・・)を打つこともあります。
タグは<ruby>です。

雑誌や書籍などでよく見かけますね。
(注:プラウザのFirefoxは未対応ですので、点が表示されません)



▲HTMLの関連記事
   holder01.gif ブログで使うHTML-目次ー
    http://tosiji-dreamafi.seesaa.net/article/133635358.html
    【別窓での表示です】

★ご協力お願いいたします★   
      kame.jpg
    banner_01.gif
……人気ブログランキング……

この記事へのコメント
たぬきちといいます(*´∀`)r

ランキングから訪問しました。
けど、倭人さんとこで見かけたようなw

すごく大事な基礎を
わかりやすく解説されてますね

こういった事を大事にしないで
テクに走る人が多いですね

亀のような歩みでも
一歩ずつ確実がいいですね

あれ?亀・・走ってる(笑)


応援していきます(*´∀`)r
Posted by アフィリ8で生活満足@たぬきち at 2009年12月10日 19:00
倭人です。
前にも書きましたが、
このシリーズ、
分かりやすくていいです^^

タグも大分覚えてきましたが、
<u>がアンダーラインの頭文字であるとか
こういうのって、凄く勉強になります。
意味、分からないで使ってましたから(汗

では、応援!

お?上のコメントに見た方が・・・w
Posted by 倭人 中高年ブログで稼ぐアフィリ大百科 at 2009年12月13日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。