TOP ブログの基本 アフィリエイト アクセスアップ カスタマイズ ブログ・HTML ブログ・CSS




ハイサイ(ようこそ)利爺のブログへ


●ブログの基本、アフィリエイト、HTML・CSSまで
初めての方にも分かり易いように下記のシリーズで纏めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・ 各章の項目(目次) ・・・・・・・・・・・・・・・
= 現在、シリーズ記事を書いているブロックです。

エントリー順に確認できるように【目次】を作ってありますので
上段のコンテンツバー(menu)または上記の項目から各ブロックに入れます。


●本文中に表示しているアイコンは
= 参照記事  = 頁中の章  = 注釈  = 記事ブロック
を表します。

2009年12月06日

強調タグ:<em><i>

■ 5-5 emタグ

文章(記事)を強調するのに用いるタグに
表示上では同じに見える<strong>タグと<b>タグの比較をしました。

今回も
見た目には同じように表示される<em>と<i>タグの性質を確認してみましょう。

ki-ic01.jpg
     ueya.gif

左から2番目のアイコンの「」です。
イタリック体は斜めに傾いた書体のことで、本来はアイコンの印「」はイタリック体を表しています。

【強調の表示】

文字強調の例

「例1」  ⇒  利爺です
「例2」  ⇒  利爺です


「例」の表示の見た目は「1、2」も同じですが
全く異なるタグを使用しています。

「1」は <i>〜</i>のタグ「イタリック体」を
「2」は <em>〜</em>タグ「論理的強調」の使用です。

<i>タグは
文字の形状を表すタグで、イタリック体で表記するタグになります。

プラウザが標準で持っている「書体」は明朝・ゴシック体が基本ですね。

デザインの世界や印刷業界では業務の性質上
「明朝」「ゴシック」を主に「極細」「細」「中」「太」「極太」「角」「丸」などと
各ファミリーの形状や太さの異なる書体を数多く揃えて、パンフレット、ポスター、雑誌、書籍などの製作に対応しています。

それら書体を使い分け、組み合わせうことによって文字を強調しています。
イタリック体もその仲間に入ります。

webの世界では
文字の使い方や見栄えよりも、情報をいかに速く正確に伝えるかが主な目的です。
各プラウザが書体に対応でき、使用できる書体もある程度限られています。


そのらがWWWに準拠した書体です。

数少ない書体を使用して書き上げた記事を
読者にいかに強く印象付けるかの手段のひとつが文字の強調ですね。

雑誌や新聞などの出版物に比べて、使用出来る文字が制限されているwebのブログでは
「文字や文章を強調する」ことの意義は大きな役割を持っています。

「1」の強調は「見た目の強調」

正体で書かれた記事の中に、形の異なる斜体(イタリック)で文章や語句が表示されていると
読者の目線は、そのイタリックで表示されている文章を追いますね。

明確に読んで欲しい記事の部分や
その章の中の重要なポイントを、書体を変えることで喚起する方法です。

<bold><bolder>のタグで文字を太く表示したり、文字の大きさを変更したり
文字に色を乗せ注意を引くのも、同じように強調と言いますが
ここでは注意を引く程度の「見た目の強調」です。


「例2」は
<em>〜</em>のタグを使っています。

    em  =(emphasis : emphasize)=強調、強調する意。

<strong>と同じような論理的強調する時に使用します。

IEやFirefoxのブラウザでは斜体で表示されますが、対応していないブラウザもあるようです。

強調の度合
は<strong>タグの方が強く<em>はそれに続きます。

この<em>は<strong>とは異なり文字を太く表示しません。

あえて太字にしたいならタグを「入れ子」にして使用します。

   【タグ形式】                  【表示例】
<b><em>利爺です</em></b>  ⇒ 利爺です
<b><i>利爺です</i><b>      ⇒ 利爺です

<b>タグ、<em>タグも
インライン要素ですから、同時に使用することが出来ます。

seesaaアイコンの形は「I」ですが
<em>タグで文章を括るようになっています。


<strong>タグの時にもふれましたが、SEO上の対策かも知れません。

イタリック体は最近の傾向では、文章の中の語句を強調するときに使われるほかに、引用文などに使われる例が多くなっています。
そのような時に使うタグは論理的強調の<em>タグではなく、イタリックの<i>タグです。

記事入力の際に入力用アイコンで<em>タグを使うか
または直接入力で<i>タグにするのかは本人の自由です。

出来るなら論理強調の<em>タグの方がいいのですが、
論理的強調はSEOでどのようにうまく使用するかが重要になります。

一記事の中にに10個も20個も強調タグを多用することは
検索エンジン対策上は、逆にマイナス(スパム)要因だと言われています。

文章構成をよく見て、SEO対策上に重要だと思う語句や文章を
確認して適度に、ほどほどに使いましょう。



▲HTMLの関連記事
   holder01.gif ブログで使うHTML-目次ー
    http://tosiji-dreamafi.seesaa.net/article/133635358.html
    【別窓での表示です】

★ご協力お願いいたします★   
      kame.jpg
    banner_01.gif
……人気ブログランキング……


この記事へのコメント
どうも!アフィリエイターのBigです。
とても参考になるブログですね
これからお邪魔させて頂きますね♪

私はこれからアフィリエイトを始めてみようと思う初心者の方のサポートができればと思ってブログを始めました
もし、御興味がありましたら、私のブログにも遊びにきてくださいね!

サッカーJ2のヴァンフォーレ甲府のサポーターでもあります。
とにかく人を応援するのが大好きな変な奴です(笑)
では、ではよろしくお願い致します。

ランキング応援ポチしておきました〜
Posted by big at 2009年12月07日 21:45
今晩は。文三です!
先程はコメントを頂きありがとうございます!

分かり易い解説で
とてもためになる記事ばかりですネ。

HTML
まだまだ分からないことが多いのですが
ブログをいじりながら
少しづつ最近
なんとなくは理解出来るようになってきました。

利 爺さんのブログを読んで
より理解を深めます!

本気の応援☆完了です!
Posted by やるんです!幸福を呼ぶ☆本気のブログ・アフィリエイト by文三 at 2009年12月08日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。