TOP ブログの基本 アフィリエイト アクセスアップ カスタマイズ ブログ・HTML ブログ・CSS




ハイサイ(ようこそ)利爺のブログへ


●ブログの基本、アフィリエイト、HTML・CSSまで
初めての方にも分かり易いように下記のシリーズで纏めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・ 各章の項目(目次) ・・・・・・・・・・・・・・・
= 現在、シリーズ記事を書いているブロックです。

エントリー順に確認できるように【目次】を作ってありますので
上段のコンテンツバー(menu)または上記の項目から各ブロックに入れます。


●本文中に表示しているアイコンは
= 参照記事  = 頁中の章  = 注釈  = 記事ブロック
を表します。

2009年11月26日

HTMLはタグの集まり

第5章 ブログで使うHTML


■ 5-1 HTMLはタグの集まり


近年、インターネットは世界を網羅して企業だけではなく、個人の世界までその利用の幅が広がって、情報の閲覧や取得には無くてはならないツールとして定着しています。

とくにADSL・光ファイバーの通信網の普及に並び、スマートフォーンの広がりは、空中波(無線)の世界を結びネットを利用するに場所を選ばない時代になっています。

今後もネット技術革新はさらに急速に進み、情報通信網はますます広がる時代になると予測される。

インターネットのwwwの世界の恩恵を受け、
ブログ・動画配信・掲示板などさまざまなサービスがすばやく利用できる環境になっていますが、そのwwwに準拠するブログやホームページなどは、HTMLのマークアップ言語を用いて構成するのが基本になっています。

ホームページ作成にはHTMLが必要です。
ブログの作成にもHTMLが欠かせません。

今シリーズは
ホームページやブログを作成するに必要な基本的なHTMLの使い方を一歩一歩確認していきます。

■HTML

HTMLはタグの集合体です。
別の言い方では「タグのつけ方」が基本と言えます。

タグ(tag)は札・荷札・付箋と言う意味で、
HTMLでは いっこ一個の荷物をタグで区分けして、種類別の荷物を < >(山括弧:アングルブラッケット)を用いてまとめ(括り)出荷する作業(形式)のようなものです。

タグには
<始め><終わり>のひと括りがあり、<始め>に置かれたタグから<終わり>のタグまでに挟んだ荷物を「テキスト」「画像」と分けて、機能ごとに整理する形があります。

そのタグの仕分けの形式を使って成立しているのがHTMLで、ブログやホームページを
IEやFirefoxなどのプラウザ(www)で、どの様に表示させるかを定義する役割をもっています。


●HTMLの基本構造

【基本構造図】
<html> <head> <title> <body>
の構造形です。

<html>
    <head>
      <title>  
        ブログやホームページのtitleなどの情報要素
      </title>

    </head>
    <body>
        記事本文、記事見出しなどを構成する要素
    </body>

</html>


図の基本構造形のように
要素(element)という単位でタグ(tag)でマークアップして、情報を構造化する仕組みになっています。

マークアップすることで
文章やデータをプラウザに理解させることができるようになります。

■<html>〜</html>

開始タグ<html>から終了タグ</html>の範囲が
HTML文書ですと宣言をします。

html要素がもっとも重要で、構文を形づくる基礎となり
ほかの要素はhtml要素と子や孫の関係になります。

それぞれの要素は、構造的にhtml要素を頂点とする階層構造になっています。

html要素の直の子要素は
<head要素><body要素>になります。
  ⇒ 構造図の青文字と緑文字の要素


■<head>〜</head>

文書の情報などを記載する範囲。
ヘッダーと呼ばれ、head要素内に記述された内容はブラウザ上では表示されません。

スタイルシート(CSS)やJavaScriptなどを、読み込ませる記述はこのhead要素で指定します。
また、ヘッダ情報の指定、文字のエンコードなどを指定するmetaタグなどはここに入ります。
 
   「meta要素」=
    head要素の子として記述されプラウザが解釈できる
    keyword、description、contentなどの
    メタデータを記述するための要素です。


■<title>〜</title>

<title要素><head要素>の子要素になり、
ホームページやブログのタイトルを記述する要素です。

  
■<body>〜</body>

このbody要素に記述されたテキストなどの要素がブラウザ上で表示されます。
フレームなどをマークアップして
ホームページやブログのデザイン構成もこの<body>要素内で行います。

    注)
   ●ブログサービスでは、body要素は利用する段階では
    既にマークアップされ組み立てられていますので
    HTML(マークアップ)の追加などの方法などを
    このシリーズで確認します。

HTMLでは、親要素・子要素のほかに
ブロック要素、インライン要素などの決まり事が数多く有ります。

このHTMLのシリーズでは、ブログを中心にブログで使用できるHTMLを取り上げ、使用例などを参考にしながら確認する方向で進みます。

HTMLのより詳しい説明、難しい構造に関することは省きますので、
詳しく学びたい方、興味の有る方はネットでも十分に調べられますし、
多くの書籍が発刊されていますので独自で必要なHTMLを確認してください。

次回からは、ブログで使用する比較的に簡単なHTML
主に<body>〜</body>要素の中で使用するHTMLを纏めていきます。



▲HTMLの関連記事
   holder01.gif ブログで使うHTML-目次ー
    http://tosiji-dreamafi.seesaa.net/article/133635358.html
    【別窓での表示です】

★ご協力お願いいたします★   
      kame.jpg
    banner_01.gif
……人気ブログランキング……

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。