TOP ブログの基本 アフィリエイト アクセスアップ カスタマイズ ブログ・HTML ブログ・CSS




ハイサイ(ようこそ)利爺のブログへ


●ブログの基本、アフィリエイト、HTML・CSSまで
初めての方にも分かり易いように下記のシリーズで纏めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・ 各章の項目(目次) ・・・・・・・・・・・・・・・
= 現在、シリーズ記事を書いているブロックです。

エントリー順に確認できるように【目次】を作ってありますので
上段のコンテンツバー(menu)または上記の項目から各ブロックに入れます。


●本文中に表示しているアイコンは
= 参照記事  = 頁中の章  = 注釈  = 記事ブロック
を表します。

2009年02月27日

相互リンクについてA

相互リンクについてA

 相互リンクを依頼する際は、同じジャンルについて記載があるホームページを中心に相互リンクを依頼することが望ましいです。

同じジャンルですと、アクセスアップが見込めますし、SEO的にも効果があります。

相互リンクは、互いのサイトを行き来できるのが大きなメリットになりそれによって、情報の交換の場やネット仲間が増える点にもあります。

「相互リンク」は
お互いを宣伝し合うという形で捉えると分かりやすいでしょう。

インターネットの世界では、相手がどの様な方なのか分かりません。

ですから、相互リンクを依頼する際には丁寧なやりとりを心がけるようにしましょう。

「相互リンクの貼り方」には、

★お互いの「トップページ」に。
★こちらの「トップページ」と相手の「記事ページ」。
★こちらの「記事ページ」と相手の「トップページ」。
★お互いの「記事ページ」に貼る。

などとありますが、お互いの信頼関係上、トップページにある「サイドバー」に貼ることが多いようです。

「トラックバック」と異なるのは、相手の承諾を得てお互いにリンクを貼る点です。

「リンクの依頼」には

★コメントで直接に依頼する。
★「相互リンクサービス」を利用する。

の方法があります。

無料の「相互リンクサービス」は数多くあります。
YahooやGoogleで「相互リンク」と入力して、調べてみてください。

このサイト(利爺の)は「相互リンクサービス」
  ⇒ リンクモスト    http://linkmost.com/
   
を利用しています。

【画像】
linkmost001.jpg
  ↑↑クリックすると、元画像が開きます。

 サイトに登録されている「ブログ」や「ホームページ」の中から、この方とリンクしたいと思えば、依頼項目に入力すると、相手の方に「リンクサービスサイトの方から」メールで相手に通知する仕組みになっています。

また相手からのリンク依頼も、リンクサービスサイトから「メール」によって連絡されます。

 出会い系など、いろいろなサイトから申し込みが有りますが、相手のブログやホームページをよく確認してから、納得するサイトとのリンク設定をしましょう。

「承諾する」「承諾しない」のボタンクリックで済みます。

リンクサービスサイトの利用は、リンクしたい相手に直接にコメントをすることもないので、利用を考えてもいいのでは。

しかし、基本的には、自分のサイトから直接にコメントを送ってリンク依頼をした方が、お互いの信頼関係は深まるでしょう。

 無差別のリンクは検索エンジンに「減点」の対象となりますので注意しましょう。

【注】
ただし、検索エンジン側ののアルゴリズムの変更によっては、SEOの対策や相互リンクの考え方が、全て正しいとは言えない場合もあるでしょう。

   ⇒ 「SEO」について(資料) 

↓↓★ご協力ください   
kame.jpg
banner_01.gif
★人気ブログランキング


相互リンクについて@

相互リンクについて@

 相互リンクとは、2つのウェブサイト間で互いに(相互的に)リンクし合う状態を表すインターネット用語(スラングという人もいる)のひとつ。

 あなたのサイトと私のサイトをお互いにリンクさせましょう。

 つまり、互いのサイトをリンクで繋ぐ行為のことです。


相互リンクをする目的として、アクセスアップが挙げられます。

相互にリンクした相手のサイトを訪問した人が、そのリンクから自分のホームページにアクセスすることが考えられ、また、その逆もあります。

その結果がアクセスアップにつながります。

ネットの世界は、はかり知れないくらいの膨大な数のサイトがあります。
「物販」「情報商材」「アフィリエイトサイト」も数多くあります。

サイトを作ってネットに配信しているのですから

「サイトを宣伝したい!」
「一人でも多くの人にアクセスして貰いたい!」

と考えますね。

ブログやサイトの管理人でしたら、ほとんど人がそう思うでしょう。
誰もが望んでいることです。

ブログやホームページの存在をどのように知らしめるか。
なにをしたら自分のサイトに訪問者があるのか


など、自分のブログやホームページをアピールすることに悩むのが現状です。

利爺もあなたも(失礼!)テレビやマスコミに取り上げられるような
有名人では有りませんね。
名前の知れたわたった有名人でしたら、その人の名前だけでサイト訪問者は増えます。

しかし、一般の我々がどんなに良いサイトを作ったからといっても、
発信するだけでは、アクセスが伸びるような事はほとんどないと言っていいでしょう。

アクセスアップの為には、YahooやGoogleなどの検索エンジン対策(SEO)をすることが重要ですね。

相互リンクもSEOのひとつです。


●検索エンジンでは、サイトの表示順位の一つに「ページランク」を利用しています。

●検索エンジンのロボットは外部リンクを重視している点があり、多くの良質なサイトからのリンクが増えると「ページランク」はアップしていきます。

●検索エンジンは、すでにインデックスされているページからのリンクをたどって新しいページを探していきます。

●そのために、どのページからもリンクされていないページは検索エンジンにインデックスされることは難しいでしょう。

●また、ほかのページからのリンクをそのページへの投票とみなし、多くのページからリンクされているページは重要なページとみて、検索をした時に上位に表示されやすくなります。

いくらすばらしい内容のサイトであっても、検索エンジンには素晴らしいサイトとみなされない場合もあるのです。

●ロボットが外部のリンクから自身のサイトに巡回することがあり、検索エンジンに登録の場合、通常2〜3週間かかる検索エンジンへの登録が、リンクを辿り、短期で登録される可能性もあります。

●Googleなどのロボット型検索エンジン対策には、相互リンクは有効な手段です。


ブログを発信したばかりの方は
相互リンクの機能を早めに使って、アクセスアップをはかった方がいい場合もあります。

↓↓★ご協力ください   
kame.jpg
banner_01.gif
★人気ブログランキング


2009年02月24日

コメント廻りについてA

コメント廻りについてA

 コメント回り(コメント付け)はアクセスアップの王道で、有名なアフィリエイターでも地道にコメント回りをしています。

 それくらい重要なことです。 

 ランキングサイトには複数のカテゴリがあり、アフィリエイトは【社会・経済】にあります。
 
 カテゴリ毎に、一定の属性や事柄に関して興味のある方々が集まっていることになります。

 アフィリエイトでしたらアフィリエイトに興味のある方が集まっています。

 登録は好きなカテゴリを選ぶことができます。
 カテゴリは、一つでも二つでもかまいません。

 複数のカテゴリに登録すると、登録のとき任意で振り分けた比率でポイントが分けられる仕組みになっています。

 例えば、「アフィリエイト」に80%、
     「お小遣い稼ぎ」に20%

 の分け率だと「アフィリエイト」に10ポイントの80%、8ポイントが、残り2ポイントが「お小遣い稼ぎ」にという振り分けになります。

 複数のカテゴリに登録することは、ブログへ注目させる「入口」を複数個作ることになり、アクセスアップの機会は多くなりますが、ポイントを振り分けることで、上位に表示させるには時間がかかります。

 ★一カ所で集中的にポイントを獲得して、ランクの上位表示を狙うか
 ★入口を多くして、多くの訪問者を狙うか


 です。、

 一つのカテゴリへの登録か、
 複数のカテゴリへ登録かを考えましょう。
 

ポイントアップの基本は
@「コメント回り(コメント付け)
A 魅力あるブログ記事
B 努力して作り上げているブログ


 です。 

 ブログを読んで「素晴らしいブログ」だと思ったら、相手の「ランキング」用バナーをクリックして「コメント」を書き込み、相手のINポイントを上げてあげる。 

 初めての訪問でしたら「挨拶程度」でいいですが、「感想」や「勉強になったこと」「持っている情報」など、素直な気持ちでコメントし応援することです。

コメントの最後に

 「応援しておきました」「応援・ポチ」

は書いておきましょう。

 「応援しておきましたので、私のブログに来てください」

 は、ちょっとまずいですね。

 コメントにしても、相手のブログを読んでないと書けないですね。
 
 コメント回りもお互いに信頼関係で成り立っていますから「コメント」に行く前には、しっかり「相手のブログ」を読んでおきたいものです。

 ポイント稼ぎばかり考えている「コメント」は寂しいもので、また中身の無い「コメント」は敬遠されます。

 無差別にコメント回りをするスパム行為だけは止めましょう。

 自分の立場で考えれば、よく分かると思います。

 コメント回りは、単調で地味な作業ですが、相手のブログを読むことで、知識がドンドン広がり、次第に自分自身に力がついてきます。

 もっとも大きい利点は、結びついた相手と意見を交換したり、質問したり、情報を公開したりしている内に、お互いのステップアップになることです。

 幅広く「コメント」回りをして、信頼関係を構築しましょう。

 その努力の見返りが、アクセスアップです。

 しかし、当の「利爺」は「コメント」回りが一番苦手です。

 「ゆったり」と「じっくり」と相手のブログを読んで、理解してはじめて訪問です。

 ですから何日かに1回程度の「挨拶回り」しかしていないので、ポイントもそれほどアップしていません。

 しかし、皆さんと同じように「相手からの返事コメント」は嬉しいですね。

 各ブログをじっくり読んでみると「全てのブログ」と言っていいくらい、個々のブログは素晴らしい仕組みに満ち溢れた作品だと感じています。

 各人が「一定の目標」に向かって、努力している姿が反映されています。

 
ランキングサイトへの登録は 
●ランクの高いサイトからの被リンク
●コメント回りによるランキングポイントのアップ
●ネット仲間同士の有益な情報=WIN-WINの関係の確立
●PCの前という閉鎖的な環境から開かれた環境へ 


 などの効用が大きいと思っています。

↓↓★ご協力ください   
kame.jpg
banner_01.gif
★人気ブログランキング


2009年02月22日

コメント廻りについて@

コメント廻りについて@

 検索エンジンへの登録は「アクセスを集める「基本」(2)で述べてますが、もう一度確認してみましょう。

   ⇒ アクセスを集める「基本」(2)

 ブログのアクセスは基本的にYahooやGoogleなどの検索エンジンからの訪問が多いですね。

 ブログを作り上げて、ネットへ発信しても「検索エンジン」に登録してなければ「検索語(キーワード)」にピックアップされることは無いでしょう。

 例えば、自分のブログ名を「検索語」として入力した場合には、ブログ名ですので、YahooでもGoogleでも検索語の一致として、トップページに表示してくれます。

 しかし、他の検索語(キーワード)では表示してくれません。

 それは、ブログがインデックスされていない結果です。

 度忘れして検索サイトに登録してない可能性がありますので、登録URLを再度表示しておきます。


………………………………………

ブログランキングへの登録およびコメント付け
 ブログランキングへの登録は、前に述べていますので、「コメント付け(コメント回り)」について見ていきましょう。

  ⇒ アクセスを集める「基本」(3)

  ■人気ブログランキング
   ⇒ http://blog.with2.net/  
  ■ブログランキング にほんブログ村
   ⇒ http://www.blogmura.com/
  
………………

 ★コメント付け(コメント回り)@

 ブログへの訪問者は、

 YahooやGoogleからの訪問とランキングサイトからの訪問が多く見られます。

 とくに、検索サイトからの訪問者を獲得するためには、SEO対策が必要でしたね。

 さらにブログのランキングサイトへ登録することで、SEO対策にもなります。

 言い換えれば、ランキングサイト登録することは、その人気のあるサイトから「あなたのブログ」へリンクされているという、嬉しい結果になります。

 SEOは「強力なブログ(サイト)」からリンク(被リンク)があるかどうかも、判断基準のひとつにしています。
 
 被リンクのため、いくつかのランキングサイトには登録はしておきましょう。

 
 ランキングのなかで、代表的なサイトは

「人気ブログランキング」です。

  ⇒ 「人気ブログランキング」

「人気ブログランキング」には、1日に数多くのアクセスがあります。

 「物販販売」では、ランキングサイトをそれほど気にする必要はないですが、「情報商材」の販売やアフィリエイトでは、サイトで上位に表示させることは、商品の販売を左右するくらい重要な要素を含んでいます。

 ランキングサイトに登録すると、サイトにリンクする「リンクタグ」が発行されます。

 そのリンクタグを自分のブログに設置して、ブログに訪れた方がそのタグをクリックするとポイントが加算される仕組みです。

 それがINポイントです。
 
 ランキングから相手のブログに入っていくのが「OUTポイント」です。

 ポイントは、1クリックで10ポイントとして計算されます。

↓↓★ご協力ください   
kame.jpg
banner_01.gif
★人気ブログランキング


2009年02月14日

トラックバックについて

トラックバックについて

トラックバックとは、「言及通知機能」と言われ、自分の書いた記事と同系列、つまり関連する同じ内容のある、ほかのブログの記事にリンクを貼る仕組みです。

「ブログ」は一つひとつの記事(エントリ)個別の(それぞれの)URLが生成されますね。

 トラックバックはブログらしい機能で、個別のURLがあるため、ブログサイト全体にではなく、特定の記事や話題についてだけ、簡単にリンクを貼ることができます。

 「あなたのブログのこの記事について、私のブログの記事に同じような内容を書いています」と伝えることが出来るのです。

 相手のブログに訪れた方が、同じ内容の記事を探すのを手伝うように、URLからお互いの記事に行き着ける建設的な機能です。

 つまり、Aさんの投稿した記事の内容について、あなたが自分のブログで記事にしていた時に、それをAさんに通知する仕組みです。

 トラックバックを行うことで、相手のブログから、リンクしてもらうことができますし、ブログ同士のコミュニケーションを活発にできるようにもなります。

Seesaaブログでのトラックバックの方法。
 
【画像1】
トラックバック
   ↑ クリックで拡大します。

 画像@はSeesaaブログの「記事を書く」のページです。

 そのトラックバックの入力欄に、相手のトラックバック用のURLを入力します。

 相手のトラックバック用のURLは、勿論、相手の記事を読んで、トラックバック用URLを取得する必要があります。

当たり前のことですね。

相手の記事を読んで、内容を確認してはじめてトラックバックするのですから。

トラックバックはお互いの信頼関係で成り立っています。

 では、入力欄にURLを入力して、

「記事の保存」をして完了です。


 通常は、自分で関連するブログを探して、そのブログにあるURLを入力しますが、探すのには、手間と時間がかかります。

 探す手伝いをしてくれるツールの一例として、
  ★MrTB (ミスター・トラックバック)
   ⇒ http://mrtb.puremis.net/
  
などのソフトもありますが、有料版(無料体験版もあります)販売です。

また、トラックバックを支援するサービスもあります。

  ★にほんブログ村   
   ⇒ http://www.blogmura.com/

 これらのサービスを利用すれば、トラックバックを使ってアクセスを集める作業が簡単になります。

トラックバックを利用する際の注意点として、

 ●自分の記事の内容と関係のないブログに対して、無作為にトラックバックをすると
  「トラックバックスパム」

  として相手から苦情がくることがあります。

 最悪の場合、ブログのサービス停止やアカウントを削除をされることもありますので、注意してください。

↓↓★ご協力ください   
kame.jpg
banner_01.gif
★人気ブログランキング


2009年02月12日

記事の更新を知らせる「Ping送信」

記事を書いたこと(更新)を知らせる「Ping送信」

アクセスアップには

 ●記事を書いたことを知らせる「PING送信」 
 ●トラックバックの利用。
 ●検索エンジンへの登録。
  ⇒ アクセスを集める「基本」(2)
 ●ブログランキングへの登録・コメント付け。
 ●相互リンク
 ●各種SNSでの「ブログ」案内。
 ●伝言板への記入。
 ●ブログのカスタマイズ

  …

 など、複合的に自分のブログに組み込んで利用します。

………………………………………………

個々の項目を調べて見ましょう。

ひとつに「Ping送信」がありますね。

Pingには、

ブログの更新を通知する「Ping」と
ネットワークの接続確認に用いられる「Ping」

がありますが、

ここでは「ブログの更新情報を通知するPing」についてのみ
に留めておきます。

Pingとは「更新通知」と言われています。

ホームページやブログが更新されたことを、別のサイト(おもにPingサーバー)に通知する機能です。

この機能を使えば、書いた記事をより多くの人たちに知らせることが出来、アクセスアップに繋がります。

Pingが更新通知を行う機能であるのに対し、

それを受け取るウェブサイトは「Pingサーバー」です。

送信することで、あなたの書いた記事は、
Pingサーバーのウェブサイトに掲載されるようになります。

Pingサーバーには、
YahooやGoogleをはじめ、検索エンジンやポータルサイト、ブログランキングなどが数多く存在していて、
各地のサイトからPing送信を受け付けています。

更新情報を通知することで、訪問されやすいブログやホームページになります。

ほとんどのブログにはPing送信の機能が標準で備わっていて、
利用することが可能です。

ただし、Ping送信するには、
あなたのブログにPing送信先のURLを設定しておく必要があります。

 Ping送信先URLとは、Pingサーバー側で個別に発行しているURLで、Pingを受信するプログラムがおかれているURLです。


★Seesaaブログでの「Ping送信」

Seesaaブログでは、記事が投稿された場合(更新時)に、Pingを外部に送信することができるようになっています。

Seesaaブログの【設定】→【記事設定】を開きます。

記事設定の下段「更新を通知する」のボックスには、

   Http://api.my.yahoo.com/RPC2
   …… 

などと、ピング送信先が数社程度登録されていますが、
自分で調べたPingサーバーも登録できるようになっています。

【画像@】seesaaブログ記事設定
ping画像.jpg

 それぞれのPingサーバー側では送信先URLを公開していますが、調べるには大変な作業がいります。

   
 利爺が、多くのPingサーバーURLを用意してあります。
 必要でしたら下記URLから覗いて見てください。

 ⇒ Pingサーバー・URL一覧

 ⇒ seesaaヘルプ 「更新を通知する」
   
 

 seesaaブログでは、追加登録数に制限を設けていませんので、そのままコピー・ペーストして、自由に使ってください。 

 設定後は、記事が更新されるたび自動的に、Pingサーバーへ記事が送られるようになります。

 とくに、ランキングサイトなどでは、Pingを受け付けることでブログの最新情報を集積して掲載しているのが多いですので、多くPingサーバーに送信することでアクセスアップになります。

 それらの設定がわずらわしい方には、ウェブサイトへ一括配信するサービスを利用する手もあります。

  ⇒ http://pingoo.jp/

 無料で出来ます。

↓↓★ご協力ください   
kame.jpg
banner_01.gif
★人気ブログランキング


2009年02月09日

検索枠を使ってキーワードの調べ方

GoogleやYahooの検索枠を使ってキーワードの調べ方

簡単なキーワードの調べ方です。

 皆さんがよく使っているYahooやGoogleは検索枠にキーワードを入力すると検索頻度の表示してくれます。

アフィリエトをするには、SEO対策をすることが重要ですね。

検索エンジンのGoogleやYahooでの検索結果のデータが確認できますので、
それらキーワードで作成されたブログは検索されやすくなります。 


【画像1】
google001.jpg
  ↑クリックで元画像が開きます

「画像1」はGoogleの検索入力枠です。

検索する語句、例えば「韓国化粧品」と入力した結果が「画像2」になります。

【画像2】
google002.jpg
  ↑クリックで元画像が開きます

結果は

  韓国化粧品      992,000件
  韓国化粧品 通販  1,040,000件
  韓国化粧品 人気  2,370,000件

と概数が表記されました。

 月間アクセス数やKIE値などの詳細は表示されませんが、目安として活用できます。

皆さんのインターネット・エクスプローラには

「Googleツールバー」
「Yahooツールバー」

を設定しているでしょうから、簡単に重要キーワードの検索ができる環境だと思います。


「画像3」はYahooの検索枠です。

【画像3】
yahoo001.jpg
  ↑クリックで元画像が開きます

Yahooでも同じように「韓国化粧品」を検索してみました。

結果は「画像4」です。

【画像4】
yahoo002.jpg
  ↑クリックで元画像が開きます

残念ながら、非常に大雑把ですね。

「韓国化粧品」と「韓国化粧品 通販」

の2件のみの表示です。

しかし、Googleの結果と見比べてみると、

両方に共通したキーワードに、

「韓国化粧品 通販」

が有りますので、両検索エンジンの人気キーワードだと判断できます。

そのキーワードと、

Googleで高い検索率を示した「韓国化粧品 人気」

をブログタイトル、記事に組み込むことによって、SEO対策ができると言うことです。

キーワードとしては、

人気、通販、韓国化粧品

です。

左サイドに設置してある「キーワードアドバイスツールプラス」に同じ語句を入力して、結果を比較してみてください。

便利ですので使ってみましょう。

アクセスアップのひとつです。

↓↓★ご協力ください   
kame.jpg
banner_01.gif
★人気ブログランキング


検索エンジン対策(SEO)A

検索エンジン対策(SEO)A

【画像@】
key-advice0904b.jpg
  ↑画像をクリック(拡大します)

@のように検索結果が表示されました。

「韓国化粧品」というキーワードでは、

  ★月間アクセス … 4152回
  ★Yahoo結果   … 76,300,000件
  ★KIE値     … 2.3 

 Yahooの検索機能を使って、ネット利用者が「韓国化粧品」と検索語句を入れて検索した回数は、月間で4152回もあり、そのキーワードを7千万余も抽出したことを表しています。 

もう一度
上位3件の検索に使用したケーワードとアクセス回数を確認してみましょう。

  ★韓国 化粧品       月間アクセス 4152回 
  ★韓国 化粧品 通販    月間アクセス 187回
  ★韓国 人気 化粧品    月間アクセス 147回

となっていますね。

もうお分かりになりましたね。

検索エンジンのYahooやGoogleを使って、欲しい商品を検索する人は、圧倒的に韓国化粧品と検索ボックスに入力する方が多いです。

さらに、「通販」や「人気」などの複合語で検索している方も結構います。

メインのワード「韓国化粧品」に
「通販」や「人気」の語句を付けて絞込み検索を行っている人も多いということですね。

検索をする時、誰もが同じ語句で調べるとは限りません。
検索する方によって、入力する語句(キーワード)は違います。

上図は「どのキーワード」が多く使用されているかの目安と
検索エンジンの選択結果です。

商品を一度使ってよく知っている方、他の媒体を見て知っている方、口コミで知っている方とかは「商品名」での検索が多いでしょう。

「商品名」は知らないけど、どのような商品があるか調べたい方は
「韓国化粧品」と相対的な語句の入力をする傾向です。

SEOを考えるうえで
「韓国の化粧品」を紹介するアフィリエイトブログを作りあげるには

ブログの商品紹介記事を作り上げてから、SEO対策をするのではなく
検索ワードを確認してから、それに沿った記事を書き上げるのを基本にします。

アフィリエイトブログは、

●ブログ名
●ブログの説明
●商品の紹介記事

に、商品名・韓国化粧品・人気・通販などのキーワードを入れることを考えましょう。

注意することは
それらのキーワードを数多く入れればいいと言うわけではありません。

■読んでいてスッキリした文章。
■分かり易いように、明瞭・明確に書かれた文章。

■商品の詳しいことが知りたい。
■購入したい。

と、訪問した方をその気にさせる文章になるように努めましょう。 

このSEOの方法が100%正しいとは言いませんが、対策をしないよりは
対策をとっておくことが重要で、一歩一歩アクセスアップに繋がります。

見よう見まねでもいいですから手を打って置くべきです。

サーチエンジン(検索エンジン・プロバイダー)で検索結果を上位に表示させるには
その基本(考え方)を忘れないようにしましょう。

SEO対策は非常に難しいです。
今日の上位は明日の上位ではありません。
検索エンジンのシステム変更によって大きな変化があります。


商品に対して興味がある訪問者
購入を目的とした訪問者が、おもにYahooやGoogleの検索エンジンからが多いと言うことを考え
その対策はしておきましょう。

商品(ブログ)の宣伝をするには、基本としてSEOを考えますが

アクセスアップの方法は、それだけではありません。

 ●記事を書いたことを知らせる。 
 ●関連記事(ブログ)とリンクする。
 ●検索エンジンへの登録。
 ●ブログランキングへの登録・コメント付け。
 ●相互リンクで横の繋がりをはかる。
 ●各種SNSでの案内。
 ●携帯やPCの伝言板への記入。
 ●ブログのカスタマイズ

など、複合的に組み合わせます。

それらが、アクセスアップに繋がっていきますし、
アクセスがあってはじめて、商品の購入に繋がっていきます。


↓↓★ご協力ください   
kame.jpg
banner_01.gif
★人気ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。